注意欠陥多動性障害(ADHD)の特徴は!?幼児だけでなく成人期にも!?有名人もチェック!

   

newborn-1328454__180

 

最近また注目を集めている注意欠陥多動性障害

 

通称ADHDと呼ばれるものですが、その症状の特徴や幼児の行動の兆しはどういったものなのでしょうか?

また新たに、成人期でもなりうる、との情報が流れています。

今回はそこらへんを詳しく追っていくことにしましょう。

 

ADHDってどんなもの!?

 

baby-1151351__180

ADHDとは、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害のこと

 

英語の略が、「Attention Deficit Hyperactivity Disorder 」で

不注意(集中力がない)

過活動(じっとしていられない)

衝動性(考えずに行動してしまう)

の3つの症状が見られるものです。

 

不注意では、

 

・簡単に気をそらされる、細部をミスする、物事を忘れる

・一つの作業を集中し続けるのが難しい

・作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる

過活動では、

 

・じっと座れない

・絶え間なく喋り続ける

・黙ってじっとし続けられない

 

衝動性では、

 

・結論なしに喋り続ける

・他の人を遮ってしゃべる

・自分の話す順番を待つことができない

 

 

などなど。

 

実は、僕はとある中学や小学校で特別支援をしているのですが、そこでは実際にADHDの生徒さんがいます。

 

おそらく本人には悪気はないのでしょうが、授業中に立ち歩いたり、感情がコントロールできなかったりして普通に見ると問題行動をしてしまいます。

 

でも、本人には自覚がないんですね。

決して怠けているわけでも、反抗しているわけでもありません。

 

そこらへんの知識がないと、”誤解”を招いてしまいます。

 

ADHDの原因は!?

newborn-1328454__180

気になるその原因ですが、今のところ明確にはなっていません

また症状が簡単に出る、というわけでもないので生後すぐにわかるわけでもありません

 

ただ、幼児期に特徴的な行動が見られるようで、

・なかなか寝付けない

・寝返りが打つことが多く、落ち着きがない

・視線が合わない

・抱っこされることと嫌がる

などがあります。

 

これらの症状が見られた場合には、ADHDの疑いを持った方がいいかもしれません。

しかし、必ずしもそうではない、ってことを念頭の置いて誤解や思い込みはないようにしてくださいね。

 

ADHDだからといって、全く他の人たちと変わりませんし。

 

ADHDは大人になってもなるの!?有名人はいる!?

 

ADHDは100人に3人がなると言われているほど身近なものです。

さらに、子供だけでなく、大人になって症状が確認されることがあります

 

以下の項目が当てはまる人は疑いがあるかもしれません。

・集中できない。注意散漫。刺激に気を取られやすい
・計画的に物事を進められない
・人の話が最後まできちんと聞けない
・物事を先延ばしにする。面倒な用事を始められない
・忘れっぽい。忘れ物や紛失物が多い。「今すべきこと」を意識し続けられない
・飽きっぽい。デスクワークや単調な仕事が苦手。そわそわしてしまう
・自制が効かない。かんしゃくを起こす
・アイデアは豊富だが、綿密なプランが立てられない
・運転での事故が多い、ケガが多い
・退学、失業、離婚が多い

出典 http://www.excite.co.jp

 

大人でADHDの人はいるのか、というと沢山います。

それこそ有名すぎる人たちばかり。

 

例えば、栗原類さん

栗原類

 

SEKAI NO OWARIのボーカルの深瀬 慧さん

fukase

 

スティーブ・ジョブズ

file

 

黒柳徹子さん

default_4b0e701fc0b3981300a40a9fc15e1e91

 

ウィル・スミスさん

willsumis

 

坂本龍馬

e18a30d7

 

アインシュタイン

20150111030301

 

 

そうそうたるメンバーです。ほとんど知らない人がいないほどではないでしょうか?

 

実はまだまだ有名人は沢山います。

それこそ山のように。

 

 

なので、なんというかADHDだからダメ、とかADHDだから人生がうまくいかないんだ、とかそういったものではないんですね。

 

こんな偉そうに言ってますが、僕はADHDではないので当人の気持ちを完全に理解することはできません。

しかし、そんな生徒がいても僕は一切問題にしない。

 

ただの個性なんです。

ここで、相手を問題視することで余計に相手に「自分は問題ある人なんだ」と云う気持ちを与えてしまう。

 

 

前述した通り、僕はそういった生徒さんと関わっていますが、大事なのは本当のその子をそのまんまで見る、ってことなんです。

 

問題視せず、ただ受け入れる。

その子がそこにいるだけで価値がある。

 

その気持ちでいれば、相手もすくすくと育っていきます。

 

ではではこの辺で。

 - 教育