飛び込み板橋美波選手を育てた馬渕かの子コーチとは!?経歴やプロフィールを紹介!!

   

150622_1_1

 

今話題となっている飛び込み界の板橋美波選手!!

 

彼女は16歳ながらリオに出場するという驚くべき実力を持っているわけですが、実はその裏にはある人物の存在があったんですね。

 

今回はそんな”ある人物”の存在について紹介していきましょう!

sponsored link



板橋美波選手ってどんな人?経歴やプロフィールなど

板橋美波選手

プロフィールをまとめました。

 

名前:板橋美波(いたはし みなみ)

生年月日:2000年1月28日

出身地:兵庫県宝塚市

身長:150cm

体重:40kg

学歴:宝塚小学校 ⇒ 宝塚市立御殿山中学 ⇒ 甲子園学院

所属:JSS宝塚

趣味:嵐・櫻井翔のファン

 

僕と同じ関西出身なんですね。

16歳って、まだ高校生。

 

この歳ですでに世界に立てる選手であるので、プレッシャーもあるでしょうが、負けずに頑張って欲しいですね。

 

 

さらに戦績はというと、

・御殿山中学2年 日本選手権高飛び込み 3位
・御殿山中学3年 全国中学大会 2冠
・御殿山中学3年 日本選手権高飛び込み 優勝

 

中学ですでにかなりの結果を出されています。

sponsored link



 

美波選手を育てた馬渕かの子コーチとは!?

 

美波選手のコーチは馬渕崇英さん

この人です。

 

馬渕崇英

 

が、もう一人コーチがいます。

それが馬渕かの子コーチ!!

 

馬渕かの子

出典:www.kobayuri.com

 

右から2番目の方です。

 

現在78歳(2016年6月9日現在)であるかの子さんは、今でも現役で飛び込みを教えていらっしゃいます。

なんでも、板橋さんが小学3年生の時に才能を見込んで指導を熱心にしたとか。

 

 

テレビでは、「私の目は狂いがなかったです」とコメントしていました。

 

実はかの子コーチは、現役時代3大会連続でオリンピックに出場されています。

ですが、1976年のオリンピックでは結果7位。

 

無念に終わります。

 

ここでは終われないかの子さん。

次にはコーチとして自身が果たせなかったオリンピック優勝を選手に託します。

 

 

 

テレビで拝見していましたが、かの子さんと板橋さんの関係がとてもいいなと思いましたね。

なんというか、コーチであるけれどメンターに近い感じで、心の拠り所となる、そんな存在であるに違いありません。

 

 

大会前の時は手紙を出す、かの子コーチ。

板橋さんはその手紙を毎大会持って行っているそうです。

 


 

板橋さんの裏には素敵なコーチがいらっしゃったんですね。

人って、誰しも一人ではやっていけません。

 

 

そんな時に、メンターとなる人や自分の心のコーチなどの存在が自身のパフォーマンスを上げてくれます。

実は僕もその一人で、様々な人のコーチングなどもしています。

 

やっぱりコーチがいるかどうかで変わってくる。

自分を客観視してくれたり、アドバイスをくれたり、心のケアをしてくれたり、、、

 

それは有名な人でなくても、身近にそんな人がいるのならその人で構いません。

 

家の人、彼氏、彼女、先輩、先生、親しい友人、、、

一人でもいいんで、そんな人がいるといいですね。

 

 

 

と、最後はまったく関係ない話になってしまいましたが、この辺で終わりたいと思います。

 

では!

sponsored link



 - スポーツ