舛添都知事の一問一答審議!!ホテル三日月での会議の”出版社社長”の名前は!?

   

舛添

 

2016年6月13日

午後2時半から一問一答式審議が開始されました。

 

 

そこではどんな内容が話されたのでしょうか!?

今回はホテル三日月の会議についてまとめてみました。

sponsored link



ホテル三日月の会議って!?

 

少しだけ復習をしておくと、問題となっているのは「公私混同」であるというもの。

 

2013年〜2014年の正月、

舛添知事が千葉県のリゾートホテルに家族と宿泊し、政治資金を使ったのではないか、という疑惑を抱かれています。

 

家族も同伴で宿泊されていたのですが、その際に部屋で元新聞記者の出版社社長と政治的会議をしたとして政治資金として使用していました。

 

 

 

ここに関して、調査では

値段がかさんだ理由を聞くと

 

夜遅いからルームサービスなんか取ったのかな、、、。

かなりお腹が空いていたので『食べたな』をという気はあります。

と主張。

 

しかし、ルームサービスってことは、一人で食べたのですか?と聞かれると、

 

政治の世界ですから、相手のことは言えないんで。

 

国会会期中で、おそらく何人かと(食事をしたと)思いますけど、

非常に政治的な話なので差し控えたい。

 

と濁した様子。

 

 

コメントがコロコロ変わっているのでみんなも疑惑がどんどん膨らむばかり。

これでは信頼もないですよね。

 

 

sponsored link



一問一答審議での回答はどうだった!?

 

となっている中で、一問一答形式での審議ではなんと答えたのでしょうか?

 

舛添知事は詳しく聞かれると、

「10時間のヒアリングをしていた。」

と答えました。

 

さらに、

「これまでも色々公式、非公式な会合をしてきた。

これは政治家の真意として名前は控える。」

とコメント。

 

一向に名前を言わないようでした。

 

 

なんというか、政治家の真意ってなんなんでしょうね笑

これって、真意というか単に相手に迷惑がかかるだけなんじゃないですかね?

 

政治家の真意の定義をはっきりして欲しいなと思ったりしています。

 

 

仮にもこれから東京オリンピックなど、大金をどんどん動かしていく時期。

それが私的に税金を使われていたとすると、もうそんな大金は任せられません。

 

 


 

さて、ここからは政治の話とは変わりますが、人は大きな力を持ちすぎると感覚が狂ったりします。

 

鋼の錬金術師でもありますが、禁忌に触れると代償が払われます。

大きすぎる力を動かすにはよっぽどの心構えがいるんですね。

 

 

これは舛添さんだけでなく、人だったらなってしまいがちなもの。

サークルであっても、会社であっても同じ。

 

サークルの会長でもいますよね、お金をふんだくるやつがww

それと変わらないんですよ。

 

 

単に舛添知事が、、、という目線ではなくて、自分の状況だったら、、、

その視点を持ちながら考えていって欲しいかなと思います。

 

 

sponsored link



 

 

 - スポーツ, 芸能 ニュース